2008年11月12日

はじけた〜いときはレバニーズレストラン

なんだか、ぱーーっと
楽しく食べて!楽しく遊べて!
楽しくはじけた〜〜い!!と
いう気分の時は、女友達と連れ立って
レバニーズ・レストランへ出かけます。


ワタシの好きな町、ニュータウン。
なんというか、学生街というかヒッピー街というか
無国籍っぽい街です。
今回はそのニュータウンにあるレストランをチョイス。

店構え自体は、そんなにレバニーズっぽくないというか、
普通のテイクアウェイの店っぽいのですが、
奥がレストランになってて、
2階にはクッションルームと呼ばれる
プライベートルームがあるのですよ。


カーペットの部屋にクッションが置いてあって、
日本のように床に座って食事するタイプ。
これ、仲間同士でいくと楽しい部屋ではあるんだけど、
この座り方のせいで、すぐにお腹いっぱいになるという
落とし穴も。
ほとんど体育の時の三角座りみたいな感じ。

今回はひとり$20のバンケットをオーダー。
皿数によって、$18や$25のコースもあります。
本日は“竹”ってとこでしょうかね。

スターターはホモス・ババガヌシュ・タブーリ
それにレバニーズブレッド。
レバニーズ1.bmp

ここであまりの美味さにパクパク食べちゃうと、
後がきつくなります。
でも、後引く美味しさなのだ〜〜〜。
ホモスババガヌシュも、自宅で作れる
簡単ディップなのでお試しあれ。
作り方は色々ですが、ワタシは超手抜きで、
缶詰のひよこ豆とオリーブオイル、
タヒニ
と呼ばれる
ゴマペーストとレモンの汁をミキサーにぶちこんで
後は全体的にペースト状になるまで、がーーーー!っと。
ひたすら、がーーーーっ!と。
ババガヌシュはそれに焼いた茄子の、身だけを加えて
またがーーーーっ!とで、出来上がり♪
でもお店で食べるのが一番美味しいんですけどね。
2レバニーズ.bmp

カバブは2種類。最初にラム。
レバニーズ3.jpg

お肉がやーーらかいっ。
その後チキンも。
レバニーズ4.jpg

次はレディーフィンガーって名前の揚げ春巻き。
レバニーズ5.bmp

どんなレディですか?!ってくらい太いです・・・。
春巻きのまあ、ひき肉のみ!って感じ。

お後もファラフェル等、レバニーズの王道が続きます。

レバニーズ6.bmp

これはひよこ豆をすりつぶして丸めたのを揚げたもの。
こうやって見ると、レバニーズはひよこ豆を使った料理が
多いね。日本の大豆くらい、いろんな料理に使われているみたい。

ホームメイドのトマトビーンズは、サービスで出される一品。
ワタシのお気に入り。
レバニーズ7.jpg

そして、〆に出されるバターライス
レバニーズ8.jpg

これが個人的にすごく好き。
小さく切った焼きそば風の麺とライスを一緒に炒めて
あるのだ。
日本のそばメシみたいな感じ。

お腹がいっぱいになった頃、
もうひとつのお目当てが登場!


週末の夜だけ、ベリーダンスのダンサーが
来るんです。
レバニーズ10.bmp

前に来た時と、同じ人でした〜。
最初はダンサーが一通り踊りを見せてくれるのですが、
その後は、座っているお客さんをフロアに引っ張り出します。
照れながら踊る他のお客さんを尻目に、これを待っていたかのように
いや、ようにぢゃなくて、間違いなく待ってたんだよな、
連れの友達連中がもうひたすらに、ダンサーも顔負けに
腰を揺らしながら踊る踊る・・・。

ダンサーに踊る隙を与えずっ。
まるで踊り負かしてやる!という気迫すら見えましたねっ。

今回、他のグループと同じ部屋だったのだけど、
そちらのグループも最初はあっけに取られて見てました

しかしだんだんワタシ達の・・・というか、約1名の踊り方が
盆踊り化しだしたところで、大爆笑。

ストレス解消にはもってこい!のレストランなのでした。


あ〜楽しかった!!
posted by な〜お at 11:34| Comment(0) | レバノン料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。