2009年12月07日

夏はやっぱりBBQ!!

日々寒さを増しているであろう日本とは反対に、
夏満開中のシドニーです。
ここ最近は涼しい日が続いてたのですが、
それを跳ね返すがごとく夏らしくなってきてますね〜。


夏のオーストラリアと言えば、BBQ!
いえ、冬でも秋でも、誕生日でもクリスマスでも正月でも
日曜日でもっ(笑)
とにかくオージーにとって、快晴の日=BBQ日和なのですよ(笑)


ウチのS氏とて例外ではなく、ピーカンの週末ともなると
BBQ魂に火がつくようです(^_^;)


とはいっても、ウチのはチョット変化球。
本式のオージースタイルBBQはあまりやらないかな。


思えば、日本のBBQスタイルは忙しいっ。
みんな網の前で構えてなくちゃいけないですからね。
それも好きですが、表面はしっかり焼きたい派のワタシやS氏は
日本の方のペースについていけないのですよ・・・。
みなさん、けっこうさっと焼いて、あれよあれよと食べちゃうものね・・・。

オージースタイルは、
とにかくステーキ肉サイズやソーセージを
庭でがーーーーっと焼いて、
焼き上がった肉をまとめて皿にのせ、
それを、それぞれのプレートでサラダや温野菜なんかと
一緒に食べたり、プレートにあらかじめ乗せておいた野菜と
一緒にロールパンでハンバーガーにして食べるって感じ。

これは、食べる時にゆっくりできるので、いいシステムです♪

今回はこのやり方で、とにかく庭で焼くだけ焼いて、
食べるのは家の中でってことにしました。

そうすれば、ハエ嫌いのS氏も機嫌悪くならないしね・・・。
実はこのヒト、ハエが大嫌い。
本当にオージーか?!と思うほど、食事の時にハエが飛んでいると
神経質なくらいに追い払って、食事も中断しちゃうんですよ・・・。




さて今回、気合いの入ったS氏は
わざわざ和牛の卸しをやっている工場まで買い出しに。

行ってみたら、たまたま月に2回開催されてる肉マーケットとやらを
やってました。

ちょこっと覗いてみたけど、もう、辺り一面、肉・肉・肉!!!!

ワタシは匂いでちょっとヤラれそうになりましたよ・・・ 。
種類も豊富で、牛・豚・鳥。ソーセージやらミンチやら。
もうね、山のように積んであるところから、自分でビニールバッグに
ガンガン入れてるおばちゃんおじちゃんがいっぱいいました。
クリスマス近いしね〜〜〜。
しかもお値段もかなり安い!!

まあ、和牛ではないのかもしれないけど、
けっこうよさげな感じでしたよ〜〜。

大人数でBBQの予定があるヒトにはいいかも。

S氏がオーダーしたのは、もちろん和牛様。
しかも2kgも!!

でもって、お肉には全部グレードが付いてるのですが、
今回のは、8〜9!!!!!
これは、かな〜〜〜〜〜〜りイイヤツです。
お値段もかなりいいです ・・・。

でも、ここから市内にある日系の食材店で売られる頃には、さらに値上がっているので
市販で買うよりも断然お買い得!!

これを、今回は(全部一気には食わないですよ、勿論)
アメリカンスタイルで、スキュアに刺して焼くそうな。

BBQ1untitled.bmp

焼く前はこんな感じ。

BBQ2untitled.bmp


和牛の串焼きと
野菜は、ポテト・ピーマン・ナス・シャロット・しいたけ、
スモークサーモンサラダ。
BBQ3untitled.bmp

デザート(?)には
皮付きのまま焼いておいたとうもろこしと、昨日の残りの手羽先。
BBQ5untitled.bmp

それとグリーンプロウン。日本の車エビみたいなサイズの海老です。
BBQ6untitled.bmp

・・・とても、二人分の量とは思えない。

今、庭の紫蘇が大収穫時期なので、お肉は串から取って
軽く塩こしょうしてから紫蘇に巻いて食べてみました。
BBQ7untitled.bmp

至福〜〜〜〜〜〜!!!

食後にはご飯茶碗山盛りの、S氏作マンゴーアイスクリームも ♪

って、さすがに今日もまだ胃がもたれてます・・・。
posted by な〜お at 20:43| Comment(0) | ウチごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

そしてやっぱり花より団子

お花見とくれば、そりゃあやっぱり、
食いに走るでしょう!!

なんたって、我が家は
サンルームからバッチリ見えちゃうし。
花見1untitled.bmp

で、宴会ったって、ふたりでチョット豪華な夕食を
とるだけなんだけどねっ。
花見5untitled.bmp

玄米で作った五目ちらしと、スモークサーモンと
アボカドのサラダにお手製の
トマトドレッシング、ナスの煮浸し、以上!

っつー、ささやかすぎる宴会です・・・。

少し前に、日本の親友が色々日本の食材を送ってくれて、
その中においなりさんの皮(といっていいのだろうか?)が
入っていたので、余った五目ちらしを詰めて、S氏の
お弁当にしました。

花見6untitled.bmp

日本食、なんでも食べてくれるので大助かり!

食べれないものもあるけど、日々の食事で献立
に困るようなものはまったくないので、これが
長く続いている秘訣かも?と思う今日この頃。
食べ物の好みが合わない人と一緒にいるのって、
辛いですよねぇ?

肝心のお花ですが・・・。

食事の時間になると、西日がキツくて、カーテン閉めずには
いられませんっ(>_<)
なもんで、まったく見てませんっ。

ま、お花見ってこういうもんだよね?(^_^)

posted by な〜お at 19:46| Comment(0) | ウチごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

寒い季節は、簡単激ウマベーコンスープ♪

日本は若葉の季節となり
どんどん暖かくなってる頃ですね。
反対に南半球のオーストラリアは、どんどん、
どんどん、寒くなってます・・・。

家の造りがもう、隙間風入りやすいし、暖房器具もしょぼいしで
雪国出身のワタシでさえ、シドニーの寒さは骨身に沁みます(>_<)

そんな時にはやっぱり体を温めてくれる食べ物ですよね!
ということで、今回は寒い季節にピッタシの簡単スープ料理をご紹介。

材料はコレ↓
材料.jpg

人参やらジャガイモが不格好なのは、
古いからではなく、先日オーガニックマーケットで
買ってきたものだからです♪

野菜はなんでもいいんだけど、とりあえず冷蔵庫に
あったのがこんなんだったので(^_^;)
この他に、ひよこ豆とレンコンも入れました。

そして、右側にある塊が今回の主役!
骨付きぶつ切りベーコン。
今回は豚さんです。
これ、塊が大きすぎて、大体どこの骨かまで
わかっちゃいましたよ・・・。
思うに、肋骨の中心とか、膝とかです・・・。

今回は、この骨付きベーコンを4個購入。
大体3ドルちょいくらいで、すごく安いです。

で、やはり普通のお肉ではなくてベーコンなので、
調理中、塩はまったく使わなくてOKです。
ベーコンから染み出て来る塩分でも、けっこう強力な
塩加減に。

最初、タマネギをスライスして、骨付きベーコンと一緒に
炒めた方がもっと香ばしくなるのですが、ちょいとカロリー
なんぞ気にしつつ、今回は、ただ水から煮る方法にしました。
この方が簡単だし〜♪
鍋.jpg

レシピは…
鍋に、タマネギスライス、ニンニク、骨付きベーコン、
スープストックをぶち込んで、タマネギがトロトロに
なるまで煮込みます。

その後はもう野菜を好みのサイズに切って、またまた
全部ぶち込んで、柔らかくなったらトマトのホール缶を
入れて、お好みでシェルパスタなんかも加えて、
胡椒とかで味を整えたら出来上がりでございますわ。
今回は2時間くらい煮込みました。

で、出来上がりがこちら。
スープ.jpg

食べる寸前に、マーケットで買って来た
オリーブも入れてみたり。

骨付きベーコンに付いているお肉がもう
ホロホロにくずれて美味しそうです〜♪

スープだけでもいいけれど、あったかいパンを
スープに付けながら食べるのもまた格別!!

スープ2.jpg

案外野菜も沢山摂れるし、かなりおススメのレシピです!!


posted by な〜お at 09:48| Comment(3) | ウチごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

秋の味覚といえば・・・

秋と言えば
欠かせないネタ、それは秋の味覚!!!

オーストラリアでも拾いをしますよ。
拾いに行って、およそ2キロくらいの
を持って帰ってきましたが・・・。

この皮むき作業ほど不毛なものはないねっ(T_T)

鬼皮はまだいいとしても、第二関門の渋皮!!
ほんっとにしぶとい!!

でも今回は、ファームのおばちゃんから聞いたやりかたで
剥いてみました。
これだと、大変10が大変6くらいにはなるかな・・・。

大鍋に、お湯を沸騰させて、そこに鬼皮もついたままの
丸ごとのを入れて、約3分くらい茹でます。
その後火を止めて、お湯がさわれるくらいになったら
ペティナイフでの底の方からむくと、比較的に
渋皮もついたまま奇麗に剥けてきます。
でもっ、大変なのは変わりません・・・。
日本には家庭用の栗剥き器なんてものもあるとか?
次に帰国した時には、買ってこようかな〜。

まず第一弾としては、やっぱりごはんでしょうね♪
はっきり言って、アタクシの栗ごはんは美味しいですよ(自慢)
冷めても美味しいです!

うふふ、ヒミツはね。

塩を控えめに入れて、その代わりに昆布茶を少し入れるのですよ。
そうすると、次の日もまだ柔らかいのだ〜〜。
ってことで、秋になるとY県民の血が騒ぐので、
いも煮とごはんなり〜。
特別ゲスト出演は、マグロのたたきと炙りサーモンの
お刺身でっすV

いもに.jpg

栗ごはん.jpg

たたき.jpg

急に思い立って作ったので、餅米がなくて
普通のお米と玄米で炊いてみたのですが
栗がほっこり甘くて、まずまずの出来でした♪
まぐろのタタキや炙りサーモンは、手持ちのバーナーで。
これは一台あると、自分で焼き色を加減できるので
とーーっても便利。といっても、焼き仕事はS氏の
専門ですけどもっ。

とはいえ、約2キロの栗・・・。
とりあえず4日くらいかかって全部の
皮をむいた後、冷凍庫へ。

でもって、ちょっと型くずれしてしまった栗だけ
集めて、ペーストも作りました。
これはけっこう日持ちするし、デザートの材料に
なったり、このままトーストに塗って食べても
グー! ちなみにバナナのスライスなんかも
のっけると、相性バツグンです!

ペーストの作り方はいたってシンプル。
ワタシの場合、柔らかく茹ですぎたかな〜?くらいの
と、砂糖と牛乳をすべて鍋にぶちこんで、
牛乳が沸く寸前くらいまで煮たら、
フードプロセッサーに入れてがーーーーっ。
全体がなめらかに混ざったら、できあがり〜〜。
ほんとは、手で漉した方がなめらかになるんだけど、
根がおおざっぱなもんで。
あと、人によっては、もっとクリーミィな方が好きなら
生クリーム入れたり、長期保存したかったらブランデー
入れたりとか。

あ、どれをどのくらい入れるかなんてーのはもう
ホント目分量なんでっ(汗)

くりぺーすと.jpg

最後に、このペーストを使って、誰でも簡単に
作れる栗のチーズケーキをご紹介!
ペースト100gくらい(笑)と
生クリーム150ccくらいとお砂糖50gくらい、
クリームチーズ150gくらいと卵1個を、
これまたフードプロセッサーに全部入れて
なめらかになるまでまぜたら、180℃くらいのオーブンで
30分くらい、焼くだけ。
分量はすべて「くらい」です(笑)

そうそう、と一緒に少し胡桃も拾ったので
今回はディスプレイに使ってみました。
くりけーき.jpg

食べる時には、エクストラの生クリームと
ペーストも。
くりけーきすらいす.jpg

秋はダイエットなんてしてられません

posted by な〜お at 18:50| Comment(0) | ウチごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

ウチごはんで年末年始。

ちょっと遅ネタになってしまいますが…

年末年始と言えば・・・。
食べ行事が続きますよね?(笑)

クリスマスは旅行していたし
http://turezure-sydney.seesaa.net/

大晦日くらい、ちゃんと料理しようと、
一応まだ日本人らしく考えてみたり。

けれど毎年思うのだけど、トラディショナルなおせちは
外人さんにウケが悪い・・・。

なので今回は、おせちという概念は取っ払って単に、
「今年最後に良いもん食べようぢゃないか」
という趣旨にしましたっ。

ということでウチごはんのごしょうかーい1

1日はS氏のお姉さんのご自宅にお呼ばれされているので、
大晦日に気合い入れてみた。

アンティパスタ風に、スモークサーモンと
ちょっといいシチリア・オリーブと
タスマニアで買ってきたチーズ各種、
オーストラリアではイベントにかかせない(笑)
ボイルド海老トマトとボッコンチーズは、
はっきりいってスペース埋めるためですっ

アペタイト.jpg

お食事編は、まずダックサラダ。
BBQダックは、チャイナタウンで美味しいと評判のBBQ KINGから。
ダックサラダ.jpg

タイのビーフサラダ用のドレッシングをS氏が作ってくれて、
ピリ辛さっぱり風味です♪

和牛のしぐれ煮のせ炊き込みご飯。
錦糸卵でその下がなにも見えませんが・・・。
細切りのさやえんどうやら和牛やら、
かなり賑やかなんですけどね・・・見えませんね・・・。
牛飯.jpg

これに、お餅は入ってませんが、お雑煮を。
雑煮.jpg

地域か家庭別にお雑煮って違うと思うのですが、
ウチは春に採ってきた山菜を入れて、鶏肉入れて
って感じでかなり具沢山です。

でも・・・お正月料理にこんな肉づくしでいいのかしら・・・。

でもって、2009年1月1日は、
蟹でスタートです♪

S氏には、上にお姉さんが5人もおりまして、
今回一番上のお姉さんちにお呼ばれされてきたのですが、
このかた、長年パプアニューギニアでチャイニーズ・
レストランを経営してた方なのです。
子供達の教育問題や、ご自身の健康のことなどもあって
数年前にシドニーに戻ってこられたのですが、
とにかくもう彼女の作る料理は素晴らしい!!

お姉さんちに呼ばれると、けっこう緊張しちゃうのですが、
このお姉さんちだけは呼ばれると即効出かけていっちゃいますっ。

自宅のダイニングテーブルがもう、クルクルしちゃうんですよ?!
蟹づくし.jpg

マッドクラブのジンジャーソースでございますぅぅぅ♪
蟹.jpg

こちらは蒸し鶏の香味ソースがけ
とり.jpg

「もっと食べなさい」という言葉を鵜呑みにして
蟹一匹1人で食べたのはワタシです・・・。

お姉さんは料理が好きな方なので、なにかワタシも
日本の料理を作って持っていこうと思うのだけど
いつもS氏に止められます・・・。
なんかへんなもん作ったらいかんと思ってるのだろうか?(-_-)

なので、今回は日本のチーズケーキ(買ったもの)と、
冷凍のたこ焼きをチンして、かつおぶしとマヨとソースだけBYO。
なんつーー手抜きでしょうね・・・。
でも、たこ焼きをまったく知らなかった子供達には喜んでもらえた
ようで。
特に、かつお節が動くのがね、知らないとびっくりするよね(笑)。

そして、1月2日。
実はこの日はS氏とワタシの記念日。
ワタシ達のパートナーシップも、17年目に突入です。
うわお。

ということで、これからもよろしくお願いしますってことで
S氏は余っていたダックでレッドカレーを、
ワタシはスープカレーを作り、
華麗なる共演です(オヤジギャグ)
記念日カレー.jpg

今年も頑張って美味しいもの一杯たべよーーっと♪

充実した年末年始のウチごはんでしたレストラン
posted by な〜お at 16:37| Comment(1) | ウチごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

ラム肉三昧

ラム肉の
とんでもない塊がとんでもなく安かったので、
今夜はラム・ロースト
古い歌の歌詞ぢゃあないけど、ローズマリーとタイムで風味付け。

お祝い事でもないのに、こんな肉の塊が
食卓に乗ってしまうってのも、
オーストラリアの生活ならでは。

とはいえ、普段は質素ですよ〜。
玄米と油を控えたおかずが主流ですから。
で、たまに爆発するんですけど(笑)
かたまり.jpg

比較対象がないのでサイズがわかりづらいかと
思いますが、そうだな〜〜〜、桐の箱に入ってるような
メロンを、上からちょっと押して潰したってくらいの
大きさ?
それが今回、日本円で考えるならば、500円するかしないか。

上に見えるローリエは自家製。
庭に月桂樹の小さな木があるので、
頃合いを見計らって摘み取り
自然乾燥させたもの。
これ、生では使えないのかな〜?と思って、
一度試してみたのですが・・・。
逆に匂いが強すぎて、だめでした。

普通、お肉のローストのつけあわせにはマッシュポテトや
茹で野菜かローストした野菜を合わせるのですが、
ラムということもあって、今回、冷蔵庫の余り野菜の掃除の
ためにもラタトゥユを作りました。
らたとうゆ.jpg

これが、思いのほかラムとマッチしてました。
トマトの酸味が、ラム肉独特のクセを
和らげてくれるというか。

といっても、日本で食べるラムよりもクセが
なく、お肉自体も柔らかいので食べやすいです。

今日はもう、お鍋のまんま、どんどん!っと
テーブルに並べちゃいました。
これもまた、豪快で美味しそうに見えるもんです。
鍋.jpg

さいもん.jpg

お肉を切り分けるのは、男の仕事!

・・・ちゃんとした肉切りのまな板や
ナイフなんてないので、あるもので代用なり。

ラム すらいす.jpg

切った途端に、肉汁がっ。

各自好きなようにお皿に盛りつけて。
ラム.jpg

そうそう、こういう丸ごとのお肉とかだと、
ワタシは端っこがだ〜〜〜いすき!
いつも奪いますっ。

ソースはお肉を焼いた時の肉汁からグレイビーソースというのを
作ります。勿論、S氏がですけど。

ローストした時の匂いが漂うサンルームで
やわやわのラムを頂く・・・。

至福の時を堪能しました〜。

あ、言っときますが、さすがに全部は平らげてませんからねっ。
posted by な〜お at 11:52| Comment(0) | ウチごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

蟹さん

今回はウチめしってことで
S氏の得意料理を。

ええ、ワタクシの手料理ではないですっ。

ブログに書くと言ったからか、
妙に気合い入れまくりで、彼が用意した
食材は・・・。

「今日は、ゆずさん(ウチの猫)のお友達
をお招きしました」
とのたまう。

たまに来る野良猫でも家に入れたのか?!と
思ったけど、なにやら台所のシンクでガタガタと
音がする。
最初、タオルがかけてあったのだけど、
その下から出てきたものは・・・。
うちめし1.jpg

なんと、マッドクラブ!!
マッドクラブ様だーーー!!!
しかもかなりデカイぞ!!

オーストラリアでというと、
渡りか、このマッドクラブ。
名前のまんま、泥です。

一昨日の夜に見た料理番組で、
シンガポール風チリクラブの作り方というのを
やっていて、見ながらボソっと
「食いてーーーーーっ」
って言ったのを、覚えていたらしい。

なんでも言ってみるもんです。

ゆずさんも、ガタガタという不穏な音に興味津々。

かなり元気なさんで、目は剥くは足は縄抜けするわ。
暴れ放題。

ここで彼自身も忘れていた問題が。
彼は釣りに行っても、キャッチ&リリースの人。
・・・殺せますか?

うちめし2.jpg

冷凍庫に入れるまでは、最後の死闘が。
まるでプレデターとの戦いのようでした。

で、寝起きでアンニョイになっているところを
ばさっと。
「I hate this ! 」を叫びながら、S氏頑張りました。
ありがとうね・・・。

特大爪をゆずにも見せる。
うちめし3.jpg
鼻先を近づけた途端、爪がまだカチカチっと動いて、
ゆずちぃはしっぽを最大限にふくらませて逃げ去りました・・・。

バラしてしまえば、あとは料理するのみ!
作っておいたチリソースを中華なべで熱し、
を投入!
うちめし4.jpg
全体によ〜く火が通るまで、炒めるべし!

その間にワタシはS氏がゴミに捨てようとした
頭をレスキューし、味噌に酒と醤油をさして
グリルして〜♪
うちめし5.jpg
2匹分の味噌ですたいっ。
でも毛で育ったワタクシには、
ちょいと苦味が多い気がして、
ちょっと食べただけ。

さ! いい色合いに炒めあがった様子!
うちめし6.jpg

お皿に移して〜♪
うちめし7.jpg

一番肉厚で美味しいの爪から、
いっただっきま〜〜す!!

うちめし9.jpg
う、ウマ〜〜〜〜〜〜っ!!(絶叫)

ソースも、そんなに辛くなく、コクがあって、絶品!!
よし!!
今までの行いは許そう!!
そういう気になっちゃいますね!!!(単純)

ソースを床に落としてしまい、
ゆずさんもちゃっかりご相伴。
食事中、まったく傍から離れなくなりましたっ。

唯一の難点は、食事中、ついつい殻を剥くのに夢中になってて会話
があまりないことでしょうかね・・・。

いやーーーーんまかった!!!

タグ:
posted by な〜お at 09:10| Comment(0) | ウチごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。