2008年12月22日

モダンなベトナム料理

モダンベトナミーズですって

やはり食はアジア系に偏りがちなワタクシでございますけども。

今回は、いきあたりばったりで、モダンベトナミーズレストランに
飛び込んでみました。

どのへんがモダンなのかは正直よくわかりませんでしたけども・・・。

タイでもオントレには必ずオーダーしてしまう生春巻き
とりあえず、メニューには「この町で一番上手い!!」とありました。
あ、ちなみに場所はニュータウンのはじっこです。

春巻き.jpg

見た目も、いつもと変わりなく・・・と思ったら、おっ?!

包んであるライスペーパーが、すっごいモチモチ。
具は、しゃぶしゃぶしたみたいな薄切りの豚肉や海老、バーミチリ、
もやし、食用ミント。・・・の他に、ほのかに紫蘇の味がする。
S氏は気がつかなかったみたいだけど、絶対に紫蘇の味がするっ!!

と言い張ってたところにオントレの2品目到着。
牛ひき肉のミント巻き

紫蘇巻き.jpg
と思っていたら、いやいやいやいやいやっ。
巻いてあるのは、紫蘇だ!!

お皿の横にもミントの葉と紫蘇の葉が置いてありました。

シドニーで、お店で食事して初めて紫蘇に遭遇しましたっ。
これはかなりショーゲキ的。

味は、モダンというよりもう懐かしい味でしたね。

メイン1はゆっくりと長時間煮込んだという、
鳥鍋
スロークックチキン.jpg

こちらも椎茸とか入っていたりして、
なじみやすい味でした。
鶏肉も大きくカットしてあるわりには
やわらかくて、ご飯と合います。

メイン2、シーズニングビーフとやら。
鉄板でかなり長い時間ジュージューいってました。

シーズニングビーフ.jpg

う〜ん、ベトナム風焼肉定食みたいな?(笑)

味付けもシンプルだし、香辛料もあまり強くないので
どれも日本人に馴染みやすい味でした。

鉄砲玉で入ったお店にしては、まあ、合格ってとこでしょうかね。

本日はこの後用があって、グリーブのカフェまで遠征。

デザートはそのカフェで。
桑の実のチーズケーキ
アイスクリーム添えですの♪

ケーキ.jpg
ベイクドとレアの中間みたいなチーズケーキ。
この一切れが、かなりずっしりと重いっ。
味ももはやケーキというより、チーズそのものっ。
これを濃いコーヒーと、アイスクリームと一緒に
頂くと、お口の中が・・・・至福♪♪♪

シドニーでは、やたらワイン片手に
道行く人が多く、
あちこちできっとクリスマス・パーティがあるのかなぁと
想像してみたり。

これから年末まで、食べイベント続きそうですっ(笑)
posted by な〜お at 11:26| Comment(2) | ベトナムの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バンコクにもベトナム料理屋さんが沢山あります。
ベトナムが近いというのも理由ですかね。
ベトナム料理で思い付くのがやはり生春巻きですね。
味は、中身もそうですが、皮も結構重要ですね。
食べたくなりましたので今度行ってきます。
Posted by j3thailand at 2008年12月26日 12:57
j3thailandさん、コメント遅くて申し訳ないですっ。
明けましておめでとうです〜(^_^;)

そうですね! やっぱり生春巻きがダントツ
ベトナムっぽい気がします!

作り置きしてあるところだと、皮がパサパサしてたりね・・・。
Posted by な〜お at 2009年01月14日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。